PROFILE

Harold Lopez Nussa

アロルド・ロペス・ヌッサ(ピアノ)

1983年、キューバ・ハバナ生まれのジャズ・ピアニスト。

著名なピアニスト、エルナン・ロペス・ヌッサを叔父に、ドラムの大家ルイ•ロペス•ヌッサが父親という音楽一家に育ち、8歳で音楽院に入学。

2005年のモントルー ジャズ フェスティバルのピアノソロ部門で優勝、一躍世界に踊りでる。

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブのヴォーカリスト、オマーラ・ポルトゥオンドのツアー・メンバーとしても活躍し、ダヴィッド・サンチェス/クリスチャン・スコットらの『ナインティ・マイルス』にも抜擢される。

2016年、弟のドラマー、ルイ・アドリアン・ロペス・ヌッサ、セネガル出身のベーシスト、アルーン•ワデらによる自身のトリオのアルバム『エル・ビアッへ』を引っ提げて、2016年『第15回 東京JAZZ』に出演。満員の観衆を大熱狂させるパフォーマンスを繰り広げる。

Ruy Adrian Lopez Nussa

ルイ・アドリアン・ロペス・ヌッサ(ドラムス)

1986年、キューバ・ハバナ生まれ。ドラマー。アロルド・ロペス・ヌッサの弟。

影響を受けた人物:ブライアンブレイド、トニーウィリアムズ、ルイロペス - ヌッサ(父)。

FAVORITE SABIAN CYMBAL:マンハッタンジャズ 。

キャリア:これまでアルド•ロペス•ガビラン クァルテットのメンバーとしてカーネギーホールに出演したほか、ミゲルヌニェスなどのキューバの名手と共演している。モントルー、ウィーン・ジャズ・フェスティバル、北海ジャズ・フェスティバルなど、いくつかのヨーロッパのフェスティバルにも出演の経歴がある。。

2008年には、Tchaikovski ConservatoryにてFrank FernandezとThe Moscow Symphony Orchestraと共演。


兄のアロルド同様、ピアノから音楽の英才教育を受けた。その後、ドラムに転向したのは、父親が打楽器奏者だったことによる。

世界トップクラスのアーティストがステージに立つことで知られるカーネギーホールや、リンカーンセンターでの、アロルド・ロペスなどとの演奏は全米でも高い評価を受けている。

"ジャズメンが他に抜きん出て、最高のレベルに達するには、努力以外に持って生まれた才能が必要だ。「特にドラマーは」" ドラムの評価に厳しい音楽評論家・寺島靖国氏の持論である。その氏が、ルイの演奏を聴き終えた瞬間、「こいつは天才だ」と唸った逸話が、ルイの凄さを証明している。

ところで、今もステージで見せる兄との連弾は、観客を沸かせずにはおかない。 


Alune Wade

アルーン•ワデ(ベース・ボーカル)

1978年、セネガル生まれ。

父親がセネガル軍オーケストラの指揮者をしていた影響で、6歳の頃よりピアノ、ギター、ベース等を学び、13歳でベースに専念することを決意。15歳で地元ダカールのバンドで演奏を始め、17歳より父親のオーケストラでも演奏する。

わずか18歳でアフリカ大陸を代表する歌手の一人であるセネガルのスター、イスマエル・ローのバンドに抜擢され、一躍注目を集める。ローのバンドには8年間在籍し、世界中をツアーしたほか、「Jammu Africa」(1999年)、「Dabokh」(2001年)の2枚のアルバムに参加している。

これまでに様々な著名音楽家と共演している。

2006年、アフリカの音楽とジャズを融合したファースト・リーダー・アルバム「Mbolo」を発売。

2011年には「Ayo Nene」を、2015年にはアロルド・ロペス・ヌッサとのコラボレート作「Havana Paris Dackar」を発売している。

また、マーカス・ミラーの「アフロディジア」(2015年)にはヴォーカリストとしてゲスト参加している。