New album

<2018年>

★ ニューアルバムのお知らせ

 「Un Dia Cualquiera」

2018年6月15日発売予定です。

レーベル →  mackanenue  

<2016年>

アロルド・ロペス・ヌッサ / エル・ピアッヘ

HAROLD LOPEZ-NUSSA / EL VIAJE


★キューバの注目の才能、アロルド・ロペス・ヌッサのMack Avenue 移籍第一弾が登場です。

★World Village,Jazz Villageからの諸作で着実にステップアップし、来日。

チューチョ・バルデスやゴンサロ・ルバルカバといったアーティスト直系のめくるめく超絶技巧と、音楽一家で育ったアーティストらしい、クラシックを基礎とした確かな演奏で、オーディエンスを魅了してきましたが、今作はさらに新しい展開が見えてきました。

★タイトルは『El Viaje』というように、キーワードは”旅”。

アロルド自身、ピアノを弾き始めた当初より、音楽を奏でることで想像の旅をするような感覚を大切にしたい、と思っていたと語っていますが、今回の作品には、訪ねた土地からインスパイアされた楽曲を演奏しています。

そして、さらに大きな変化はセネガル出身のベーシスト、アリュン・ワッドゥを迎えた点にあります。アリュンは、サヴィヌル・シンジケートの一時代を支えたパコ・セリーのバンドでも活躍し、マーカス・ミラーの『アフロディジア』でもフィーチャーされたアーティスト。

アロルドは2010年代の初頭に出会って以来意気投合し、2人の双頭リーダー作品を15年にリリースしていますが、本作はその発展形。自らのルーツであるキューバを核にしながら、アフリカン・ミュージックのエナジーをバンドに取りこむことへの強い興味を抱いたとのことですが、バンド(トリオ)は新しいサウンド、グルーヴ、ヴァイブレーションを生み出す展開に。その成果は、一聴(!?)瞭然、数々の曲から、あふれだします。

★アルバムの中心部をなす5曲目には、巨匠チューチョ・バルデスの曲をキッチリ据えつつ、作品の色彩は実にカラフル!

エレベのグルーヴ感と天使のような優しいヴォイスを聴かせるアリュンは、あのリチャード・ボナを彷彿とさせますが、このバンドは、かつてジョー・サヴィヌルがボナやセリーをメンバーに加え、世界の音を取り込んで自らの音に仕立てあげたサヴィヌル・シンジケートの世界を、トリオのフォーマットで表現していく相似形のバンドとも。

エレガントなピアノ・ソロとヴォイスから一転、グルーヴ感あふれるリズムにシフトして祝祭的な盛り上がりを見せて行くオープニングを始め、M3は伝統的なキューバのリズムとアフリカのプリミティヴなサウンドが華麗に交錯し、なおかつジャズ・スタンダードのリフも織り交ぜてしまうというナンバー。かと思えば、メランコリックなムードで、パリの憂愁を描くM4のようなナンバーあり、旅の喜怒哀楽を描き出すような豊かな情感が織り交ざるタイトル・トラックあり、リスナーを様々な土地に誘います。

★世界を見渡せば、リチャード・ボナは、キューバ・サウンドとの融合を形にした”マンデカン・クパーノ”を結成。その視点で言えば、逆方向のベクトルで融合を目指すのがこのユニット。

同キューバが生んだアルフレッド・ロドリゲスも世界各地のアーティストを迎えて音楽で対話する新作を発表しており、その動向は楽しみ。

★今年は、東京ジャズを核にして、来日も。そのツアーで新たな曲が生まれる期待も高まります。

話題騒然!!東京JAZZのホールAが興奮のるつぼと化した!!!

各所から絶賛の声が集まる、キューバが生んだ注目のピアニスト、アロルド・ロペス・ヌッサの最新アルバム!!

セネガルが生んだ才能アリュン・ワッドゥを迎え、ピアノ・トリオのフォーマットで描く世界のグルーヴ!


ブエナビスタ / オマーラ・ポルトゥオンドのツアー・メンバーとしても活躍し、ダヴィッド・サンチェス / クリスチャン・スコットらの『ナインティ・マイルズ』にも抜擢されたアロルド・ロペス・ヌッサがMack Avenueに移籍!

KKJ 125  ¥2315+税 2016.8.25 on sale

1.Me Voy Pá Cuba / メ・ボイ・パ・クーパ [5:35]

2.Africa / アフリカ [5:07]

3.Feria / フェリア [3:55]

4.Lobo’s Cha / ロボス・チャ [5:25]

5.Bacalao Con Pan / バカラーオ・コン・パン [3:39]

6.El Viaje / エル・ビアッヘ [5:13]

7.Mozambique En Mi B / モザンビーク・エン・ミ B [3:51]

8.D’ Una Fábula / ウナ・ファーブラ [6:20]

9.Inspiracion En Connecticut / インスピラスィオン・エン・コネチカット [6:05]

10.Oriente / オリエンテ [5:36]

11.Improv (Me Voy Pá Cuba) / インプロウ(メ・ボイ・パ・クーパ) [3:22]

メンバー

アロルド・ロペス・ヌッサ:piano,keyboard,backing vocal [track 9]

アリュン・ワッドゥ: bass,vocal,backing vocal [track 9]

ルイ・エイドリアン・ロペス・ヌッサ:drums.percussion,triola,backing vocal [track 9]

Mayquel González:trumpet,flugelhorn

Dreiser Durruthy:tambores bata,vocal [track 2]

Adel González:percussion [track 6]

Ruy Francisco López-Nussa:drums[track 7]